モビット パート

専業主婦の老後の年金はどうなる?

現在は専業主婦でも年金がもらえる制度となっています。しかし年金の制度というのは複雑でわかりにくいものです。特に働いていない専業主婦は一体どのような年金がもらえるのかあやふやな人も多いでしょう。

 

 

実際にどのような年金がもらえるのでしょうか?


専業主婦が受け取れる年金とは?

基本的に働いていない専業主婦が受け取れる年金は国民年金となります。結婚前に働いていた場合は厚生年金も受け取れます。

 

 

貰える権利があるのは当然じゃない


そもそも専業主婦が年金を受け取れることはおかしいと考える人も多いようですが、時代背景として夫が働き妻が家庭を守るということが一般的で夫の負担を減らすという目的からこういった形のルールになっています。

第3号被保険者って?

年金は自分の働き方などの状況によっていくつか分類わけが行われています。専業主婦の場合は第3号被保険者という区分になります。これは配偶者がしっかり厚生年金保険に加入し扶養になっている場合、年金の支払いをしなくても年金の受取ができるというものです。

 

 

旦那はしっかり保険料を払っているからね


専業主婦の場合も同様に扱われます。また配偶者が退職した場合やパートなどで扶養から外れてしまった場合も注意が必要です。あくまでも配偶者が支払いをしっかり行っている期間が第3号被保険者として認められるわけです。

 

 

支払いがされていなければ第3号被保険者としては認められません


老後に備える

第3号被保険者である間は年金を収める必要がありません。しかし先に挙げたように第3号被保険者の資格を失うタイミングというものがいくつか存在します。この間は何も対応しないと年金が未納状態となります。

 

 

思っていた年金額より少ないじゃないの・・・


年金は一定期間の加入がないと将来的に年金の受取ができませんからチェックが必要です。また受け取れる年金の額についても調べておく必要があります。年金だけで生活することは難しいといえますから今のうちから蓄えをしておくべきです。